10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017.10.31 (Tue)

あほな女

久しぶりすぎるぐらい久しぶりの更新。

あれよ、もう吐きださないとやってられんくらいアホな女が身近におる。



今の職場って現場事務所で
とあるBIGな工事に建設と設備と電気が長屋状態で同じ場所に居て
このあほな女って建設屋の派遣の事務の子。



34才らしいんだけど
知り合って1年。かれこれ3人目の彼氏。


同じ職場の仕事のできないある男の子が
転勤言い渡されて
それを断ったらしい。

その断る理由が
「○○さんが…」
とか
「今の現場を最後まで担当していたい」

って内容。


っつか

男が会社の辞令を断ることってできるの?
っつか
それが派遣社員の女の子が理由?


あほちゃう?



直接告られたわけじゃなくて
周りから攻め落とされたらしい。


協力業者の社交的なおっさんが
「あいつ落ち込んでるから電話してやってくれ」
とこの男の電話番号とLINE IDを渡された。

そして連絡した←この時点で「え?」なんだけど


そこから所長やまわりから囃し立てられ付き合えば?みたいなこと言われてどうしようか迷ってるんですって

女から相談されたんだけど


私の意見としては

仕事できない奴だって電気屋の
しかも事務の私の耳にも入ってくるくらいだぜ?


それに転勤を断るってどういうこと?
その断る理由も大概やろ。


仕事できない男だってわかってて
自分も観てていらいらするくらいの男なのに付き合っていけるの?

と言っていたら

シャーっとスマホでその会社の平均年収を調べだした。


「あー結構いい年収!お金って割り切って付き合おっかな」




・・・。




その後付き合ったらしい。


転勤を断りきれず関西へ転勤していった彼氏。

付き合う時点でそれはわかっていたけど


それについても


「遠距離だから毎週会わなくていいし楽だからいいかなって」




え?

普通会いたくて仕方ない人と付き合うんじゃね?
会うのが面倒って感じる相手とよく付き合うよな



と、彼女の話を聞きながら思っていた。



そして付き合って3か月。



「もう終わったかもしれません。」


え?なになに?
なんで終わったの?




「キツいこと言ったんです。それから返事ないからきっともう終わりです。」



何をきついこと言ったのか後日聞いたら


「歯が1本抜けてるんです。それで歯医者に行ってって言ったんです」


そんなことで終わるのか?
それなら相手もそれまでの気持ちだったってことだろ?


でもなんとなく

連絡なくなって数週間たった今日、
また現場で出くわしてしまった。

彼女の話ってとても面白くないからあまり顔を合わせたくないのだが
会ってしまったら仕方なく会話をする。



「なんかさびしいなって思って。
歯医者行ってってくらいで終わるんだなって。

だったら歯医者行けよって思うんですけど。」



まぁな。

そもそも30代前半で歯が抜けてても治さないでいる感覚が私は理解できんわ。

そしてそいつと付き合うあんたの感覚もわからん。



ずっとグズグズ言ってるので


「初めから尊敬できるところない人やったんやろ?仕事できないのもわかってて付き合ったんだし」


と言ったら



「でも年収が・・・」



と言ったので



「そやろ?結局お金しか魅力なかったってことだねか。

その年収だってネットの情報やろ?本人の源泉徴収票見たわけじゃないんやろ?

今時、同じ年だからって仕事のできる人とできない人で同じ所得ってことは考えにくいと思うけど」



と、トドメを刺してしまった。


でも凹むタイプではない。


仕事のことも
次は正社員で働きたいけど就職活動面倒くさいとか
でも実家にずっといられないから
再婚相手探したいとか

事務職がいいけど事務職の正社員なんて給料が安いとか

色々いうので


「こんな45才のおばはんでもバイトいってぎっくり腰なってでも頑張ってるんだから頑張れ!」

と励ましたつもりが



「私、別にバイト探してないしな」


って

そこーーーーーーーーー??????




そうじゃない。

どんだけ頭悪いんや。


結局なに?

安定した収入ほしいけど
努力するのは嫌で
自分のわがままを聞いてくれて収入のいい男を見つけて妻の座に居座りたいのか。



私とは全く価値観が違う。



もう勝手にやってくれ。



設備屋の派遣の女の子に妙に対抗心を持っている。



21才、モデル級にスタイルがいい子。


「あの子もきちんとお化粧してるし 私もしなきゃダメかなって。


あ、マコッチさんがきちんとしてないってわけじゃないですよ」




俺はしてるさ。

お前が34にもなって素肌綺麗でもないし顔もどちらかというとスーブーなのにすっぴんで会社来てることがビックリだわ。
今更かよ。

ってか

今更34才のどちらかというとブスなおばさんが
21才のモデル級の女に勝てると思ってるんか?



なんか妙にエネルギー消耗したわ。


もう二度と現場で遭遇しないことを祈るのみ。



アーメン!

17:02  |  ブログ  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.24 (Fri)

ブログ休止のお知らせ

長い間、お弁当の記録を残してきましたが
当分、お休みしようと思います。

ブログ開始当時から読んで下さった方、
はたまた途中からでも発見してくださった方、
ありがとうございました。

ブログ村のランキングに参加しなくなってから
ほぼ30名前後の方が遊びに来て下さる日々でした。
こんな毒舌の愚痴だらけのブログ、本当に遊びに来てくださったことに感謝です。

本当にありがとうございました。

11:45  |  ブログ  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.23 (Thu)

3/23 my弁【細巻弁】

1490222397329.jpg

ご飯80gで細巻を作ってみました。




1490222452674.jpg


ご飯をまんべんなく広げることができなかったことと
具が大きすぎたことで
巻き切れていない細巻

リベンジ!




1490222442185.jpg

ピントずれてますが
手前のがかぼちゃの塩バター煮。
笠原料理長レシピです。


森拓郎氏の推奨する「まごにはやさしい」でも笠原料理長レシピ本は大活躍です。



1490222446958.jpg


大豆とひじきの煮物。

右にあるのはかぶと鶏胸肉の和サラダ





ま⇒大豆
ご⇒くるみ
に⇒鶏胸肉゙,玉子焼き
は⇒ひじき
や⇒ブロッコリー,きゅうり,プチトマト,かぶ
さ⇒ツナ
し⇒しいたけ,えのき,しめじ
い⇒かぼちゃ


今日は網羅できたけど
たんぱく質が弱かったかな?

夜、補いましょう。




今日はここまで~(^_^)/~

08:07  |  【森拓郎信者弁当】  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.22 (Wed)

3/22 my弁【まごにはやさしい】と 今日も暗いお話

1490146946692.jpg


最近、森拓郎氏の本を読み漁っている。
すっかり信者。



1490146954338.jpg


まごはやさしい

ま⇒おからのお好み焼き風
ご⇒くるみとかぶの葉のお浸し
は⇒ひじきとさつまいものサラダ(笠原料理長レシピ)
や⇒トマト、かぶ、ブロッコリー
さ⇒鯖の粕味噌漬け焼き
し⇒欠場
い⇒ひじきとさつまいものサラダ(同上)


もしかして完璧?と思ったらしいたけが欠落していた。
明日頑張ろう。


1490146962909.jpg

MECなんかとは違ってチーズはさほど推奨していない。
脂質は魚と種子で十分という考えらしい。

たまごは青天井でいくらたべてもOKみたい。


でもって、インスタやツイッターでも森拓さんとこから発売しているプロテインを勧めていた。
甘いジュース飲むならプロテイン飲みましょ。
って。

なので時間のない朝はプロテイン飲んでいる。
DHCだけど←え?




1490146941711.jpg


今回笠原料理長のレシピのひじきとさつまいののサラダを久しぶりに作ったけど
作り方間違えてさつまいもに火が入りすぎてペースト状になってしまった。
でも味は間違いない。おいしい。
また作ろう。

でもってゆで卵も最近失敗がない。
前は水から玉子入れて沸騰したら7分方式だったけど
今はお湯が沸いたら玉子を入れて5分にしている。
いい具合に黄身がとろとろ。
夏場のお弁当にはNGだけど。
まぁゆうたら自分の弁当だし。
お腹壊したら自己責任。
むしろ壊したい←え?



***************************

長男が葬儀から帰ってきて
相変わらず聞いてもいないのに色々語る。

お父さんはお風呂入ってるときに心臓止まって死んだんやって。
解剖したらお風呂のお湯がたくさん出てきたらしい


とか。

それを聞いたら涙が止まらなくなって
ヤバいことになった。

それまでは前回の記事に書いたようなドライな気持ちだったけど
予想もしていない死。
突然すぎて
魂がさまよってるんじゃないかとか
お湯飲んだってどんだけよ…

と思ったら気持ちがふさぎ込んでしまって
昨日まで思い出しては号泣していた。


それを隠すため、マスク着用で出勤したけど
そこそこバレていたと思う。

誰も何も言わないけど。

帰りの車の中では公費を着服して号泣会見で一世を風靡した←?
野々村竜太郎元兵庫県議の物まねかと思うほど。

その足で元旦那の供養の申込に行ってきたことと
帰宅後次男に本屋に連れてってと言われて次男とたくさん喋ったこととで
今日はすっきりした気分。


長男は性格的にまるで元旦那の実家系で
次男はそれのうちの実家系。


次男は2泊したけど
「あいつ(長男のこと)、すごい馴染んでたわ。
じいちゃんとばあちゃんはあいつの方をすごくかわいがってる感じがした。

でも俺はあの家では住めないと思う。
あいつは大丈夫や。
むしろあっちの家の方があいつらしく生きていけるような気がする」

という感想だった。


そして

「お父さんてどんな人やった?」
と聞かれたので


「優しかったよ。
優しい・・・


うん。
優しかった」


と言ったら
なぜか次男が笑っていた。

じゃあなんで離婚したん?とでも言いたかったのだろうか。


次男も大人なのかそこまで突っ込んで聞いてこなかった。


正直、あまり次男の記憶に父親の存在というのが残ってないらしい。

ただ今回の葬儀で
自分は本当に私側のじいちゃんの血が濃いことを痛感したことと
お母さんもよくその性格であの家に居たよね。
ってことだったらしい。



けど合わない性格の男女が夫婦になって
離婚はしたけど
離婚した頃は大嫌いで仕方なかったけど
時間の経過と元旦那の病気のことでその気持ちが風化したのか。

あの人だって脳に障害残ってしまって何も考えてないようだったけど
きっと魂は我が子のことを心配していただろうと思う。

これでもう肉体というしがらみがなくなった。

きっと今まで我が子にしてやりたくてもやれなかったことを霊界からしてくれるだろうと私は勝手に思っている。



子を思わない親はいない。


どうか2人の息子達を霊界からいい方向へ導いてくれよ。


私は元旦那が霊界で1段でも高いところに居られるように
供養と手を合わせる気持ちを忘れずに生きて行こうと思う。
時々忘れたらごめんやけど(笑



まだしばらく思い出しては目頭を熱くする日は続きそうだけど

富山にライザップできたことだし←そこ?

車買ったばかりで行けないし
ライザップ行くなら体重落としてボディメイクのために行くと決めてるし
正念入れて森拓ダイエット頑張るわ~!


11:16  |  【森拓郎信者弁当】  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.18 (Sat)

3/17 息子弁【イワシの照焼弁】と ようやく天に召された元夫

1489791361078.jpg


いわしの照焼です。




1489791368364.jpg

「まごはやさしい」を心掛けているけど全部を一食で網羅するのはなかなか至難の業。
ちなみにこのお弁当では ま⇒大豆製品  し⇒きのこ
が欠けている。
そしてイチゴが余計だ。





*******************


金曜日、通勤途中の朝6:50に見慣れない市外局番から着信があった。

途中で元嫁ぎ先の固定電話だということに気付く。




無視。




メッセージが残されていた。




「まさとが亡くなりました。よろしく。


ツーッツーッツーッ」




今まで年賀状や荷物など私の名前など記載されることもなく子供達宛にだけ送ってきていた元姑。

孫とは縁は切れないけど
嫁のあんたとは縁きったから。

ってアピールだと思っていたから

なんで死んだときだけ私に連絡してくるんけよ

って思って

きっと朝一長男に電話したけどつながらなかったから仕方なく私のところに電話してきたのだろうと思っていた。


がしかし、なぜ私の電話番号を知っているのか。

離婚当時と今の携帯番号は違うのに。




と色々と謎が残る。






元夫は離婚して1か月後くらいに風邪をこじらせて髄膜炎になり、
敗血症にまでなってもう無理だろうと医者にも言われたのに
奇跡の復活をとげ脳障害を残しながらも生きながらえていた。

あれから10年。


ようやく天に召された。


長男が元姑に電話て話を聞いたところ
昨夜、急に心臓が止まったらしい。


私に電話してきたときは気丈な語り口だった元姑も
長男には涙声で話していたらしい。



もう80歳になろうかという元姑と元舅。

跡継ぎだった息子が生涯治らないであろう脳障害を抱え、薬漬けの日々。
強い脳の薬を服用しているせいか食事しながら茶碗と箸を持ったまま眠り始める可愛い息子。

逆介護の状況でも
やっぱりかわいい息子には変わりはなかっただろうし
その子がいきなり心臓停止して他界したとなれば気丈でいられる母親はどこにいるだろうかと思う。



あっけらかんとした長男は先のことなど何も考えていないけど


取越し苦労派の次男は小学生のころから
「じいちゃんとばあちゃんがいなくなったらお父さんの面倒誰看るん?」
と心配していた。



私があの家にいなくなってから
養子に出ていた元夫の兄がしょっちゅう実家に帰ってきているらしいから
おそらく、あのお兄さんがあの家を継ぐんじゃないかと私は思っていたが

今日、お通夜に出発したらあっちの家でなにか言われるかもしれないな。




っつか
高校を卒業した次男。葬儀に礼服着用だけど
先週の日曜にスーツと礼服オーダーしてきて
引渡しが明日の日曜日だったのだけど
昨日電話したらもう出来上がってきてますよってことだった。

なんかギリギリセーフだったな。



ただ
こんな急にお葬式に遭遇するとは思ってなかったから
袱紗なんかもあとからでいいかなんて暢気にかまえていたけど
どのみち次男は離れて暮らすし別に必要だなってことで
買ったけど

5,000円もしてびっくりした。



ってお金の話はいいとして
いくら元夫とはいえ
不遇な人生だったなと思う。

病気になってからも穏やかな性格は変わらずずっとニコニコしていた(らしい)


私は今世からできることしかできないけど
成仏できるよう祈ってる。



きっとあの家の罪穢れを一身に背負って霊界に帰る役目だったんだろうと思う。
ありがとう。
立派な息子を2人も与えてくれて。

永遠のさようなら。

未練や悔いは全くないけど
あの人ももっと優しくて穏やかな奥さんもらってたら
違う人生だったのかなとはずっと思っていた。
家族を大事にすることを最大の美徳として
同じように自分と相手の家族も大事にできる女性だったら。
こんな私でごめんよって思うけど。


縁があった人として最後のお礼。

葬儀には参列しないけど
一段でも高い世界に居られるように私にできることはするからな。

感謝するなら夢枕に立ってこいや(なぜか喧嘩腰)


しめっぽくなったけど
今日も仕事な土曜日だぜ。


お互い頑張ろうぜ。
お前はゆっくり休んでなよ。

じゃあね。


08:29  |  【息子弁+日々のこと】  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>